トップページ > 優良企業のチェックポイント

優良企業のチェックポイント

優良企業のチェックポイント

採用活動

毎年定期的に新卒採用している企業はきちんとした長期的な事業計画がある企業なので、それだけでも優良な企業であると考えられます。

ただし、定着率が低い為に大量募集しているケースもありえるので、採用数があまりにも多すぎる企業はブラック企業の可能性があるので注意が必要です。

大企業でも毎年数十人しか取れない企業は多数ありますし、あくまでも「定期的に募集を出している」企業は優良企業の可能性が高い程度に認識しておきましょう。

組織団体への加盟

大企業の場合だと経団連や東京商工会議所等への加盟があげられますが、中小企業でも中小企業同好会等の加盟団体があります。

ただし、参加している団体が公共性の高いものかどうかは必ずチェックしましょう。

便宜上構成されたような怪しげな加盟団体も中には存在しますので、加盟している組織の活動内容や理念まで調べた方がベターです。

職場環境

職場環境を見極めるには、定着率を見るだけでもある程度分かります。

定着率が高いという事は、すなわち居心地がよくてやりがいがある企業である事がほとんどで、すなわち職場環境もいい事が伺えます。

逆に定着率が低い企業は、それを表に出している事は少ない(隠している)場合がほとんどですが、年中大量の求人をしている企業は、辞める人間が多いブラック企業である可能性がありますので注意しましょう。